いたりあ食材辞典

イタリアで見つけた野菜・果物・肉類・加工品などを 写真つきで紹介。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

カルチョッフォ(Carciofo)

0

朝鮮アザミ、もしくはアンティチョークと言ったほうがわかりやすいかも。
一般に複数形でカルチョッフィといいます。

こんなことを教えてくれてるサイトを発見しました。引用です。

【カルチョッフィの下ごしらえの秘密】
*外側の固い緑色の葉をとる。茎は5センチほど残し、先頭も切る。残した部分の茎の皮を包丁でそぐ。
*2片に切って内側のひげの部分を取り除く。(ここがポイントだそう。味に拘わるそうです)
*レモンを絞った水に暫く置いておく。重要なのは酸味の水につけること。レモンがない場合は酢でもいい。はじめにカルチョッフィをさらに小さく切ってしまってもいいが、その場合は調理まえによく水を切ること。
カルチョッフィ



  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Castraure(カストラウーレ)
ヴェネチア近郊のサン エラスモ島(Isora di S.Erasmo)
という小島で3月の終わりから4月の始め頃に採れる、
その歳で一番初めにヴェネチア地方の人々が考案した
特別なナイフで収穫される小さいアーティチョーク。
このCastraureが収穫されたあと、その年にひとつの苗から
約20本弱のカルチョッフィが採れるそうです。

↓普通のカルチョッフィに比べてこんなに小さいのです。
castraure


食べ方は、生でも白い柔らかいところは、オリーブオイルに塩コショウ、レモン汁を絞ったものにつけながら食べたりしますが、
一般的にはオーブン焼き。

カストラウールのオーブン焼き
一番外側の比較的硬い葉(?)をとり、
上の部分の頭を落とし(上の普通のカルチョッフィ同様)、
フライパンで多目のオリーブオイル(100ccほど)を熱し、
そのまま丸ごとカストラウーレ(36個)を入れ、
軽く周りを炒め、皮を取って半分に切ったニンニク2片分と、
パセリのみじん切りを加え、200度くらいのオーブンに20分。
中まで火がとおったところでニンニクを取り除き、
もう一度ガスコンロの中火にのせ、
パセリのみじん切りと水スプーン3杯ほど加え蓋をして
水分がなくなるまで弱火で15分ほど蒸し焼きにする。

カストラウールのベーコン焼き
上記と同じように下処理し、
熱したフライパンにオリーブオイルを薄く引いた中に、
つぶしたニンニクひとかけら、玉ねぎのみじん切り1個分、
50gのベーコンを5mmほどの細切りにしたもの(好みの大きさで)
を軽く炒め、その中に下処理したカストラウールを入れ炒める。
塩コショウと水を少々加え、蓋をして10分。
その後200℃のオーブンで水分を飛ばして出来上がり。

関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。